波乱の鮎解禁・・・・

7月1日

待ちに待った鮎釣りシーズン絵文字
今年も解禁は気仙川へ行く事に!!
だが事前の下見から異変を感じていたオイラ・・・・
なんと絵文字
鮎が居ない絵文字
とは言え所詮は水物、蓋を開けるまで結果は分らない絵文字
 
がっ絵文字
 
事前予想通り釣れない絵文字
昼前になって下流域へ場所変えをし、トロ場で群れを探し当てから何とか坊主逃れしたものの、思うように釣果は伸びない・・・
結果、一日頑張って13匹と撃沈・・・・・


サイズは13〜18センチ程度。

今年は漁協の経営悪化で(自業自得なのだが・・)放流数が例年より少ないとの事ですが、それにしても釣れ無すぎる!!
本当に放流したのかと疑いたくなるほど・・・
時々会う釣り人に話を聞いても
『だめだ・・・』の一言・・・
場所移動中に川を見ても1級クラスのポイントが空いており、見える釣り人で竿を曲げた姿は1人も確認できず・・
橋の上には鮎を探す釣り人が多々・・・
それもそのはず!!
出口橋付近から上流へ行けば行くほど魚影は薄く食み後も無く、苔は腐れた状態・・・
川口合流から上流は、放流地点と思われる場所意外は鮎の気配は無し!!

天然遡上のある下流と、大量放流する町裏のみが良い感じでした!!
後から聞いた話では、釣れた人で30匹程度、聞いた釣果の平均は約3〜5匹でした・・・
釣果を伸ばした人は水深のあるトロ瀬での釣果でした。
流れの速い瀬では釣れません!!
こりゃ〜真夏もヤマメ釣りする感じになりそうです・・・・
今後の変化に期待しましょう( ´D`)ノ


甲子川からのお知らせ
甲子川は県共通遊漁券は漁協が無いので無効です。
甲子川の放流は市民や善意ある皆さんの協力金のみで行ってます。

昨年より甲子川放流資金に協力していただいた釣り師には、特製ピンバッチをプレゼント中。


2009年はレッドになりました。
ぜひ皆さんのご協力を御願いします。